うつ病年金の申請準備

看護師

怪我や病気が理由で障害年金を受給したい場合、どのように申請するのでしょうか?うつ障害年金を受給申請はすぐに行えるわけではありません。障害年金の申請の際には、その病気を診察してもらった最初の日から一年六か月以上すぎている必要があります。ですが、病気の種類や状況によっては既定の日数を過ぎていなくも受給申請を行える事もあります。既定日の例外は日常生活状況がかなり困難と判断された場合です。障害年金を貰う為には、認定基準をクリアしていなくてはいけません。認定基準は一級から三級に分けられます。この認定基準は自分の加入している年金制度によって変わる場合もあるので、自分がどの年金制度に加入しているのか確認しておきましょう。国民年金に加入している人は認定基準が二級からしかないので覚えておきましょう。うつ障害年金は申請準備から申請まで約二ヶ月から三か月程掛かります。その理由として必要書類が多いからです。最も重要な必要書類は病院の診断書です。それ以外にも自分の病歴や就労状況等申立書、受診状況証明書、年金手帳、年金裁定請求書、戸籍謄本、通帳のコピーが必要です。年金をもう受給している場合は、年金証明書も必要になります。子供や配偶者がいる人は、世帯全員が載っている住民票、配偶者の年金手帳と所得証明書と被保険者証が必要です。必要書類を多数準備しなければならないので、必要書類リストを作っておくと書類不足で困る心配はありません。戸籍謄本と住民票に関しては発行から三か月以内のものという既定があるので、準備する場合は一番最後にすると書類不備にならずにすみます。必要書類を集め提出する際は年金事務所に提出しましょう。提出を行ってから結果が届くまで三・四ヶ月掛かります。一度障害年金を申請した事がある人はさらに審査に時間が掛かります。約二ヶ月ほど掛かる場合が多いです。うつ病での障害年金受給は昔よりも難しくなっています。その理由は、うつ病の症状から認定基準を算出するのが難しいからです。他にも高齢者社会により年金受給者が増えた事に加え、複数の年金を受給する人が増加していることも需給審査が厳しくなった背景にあります。年金受給者が増えた事により、社会保障費が削減され障害年金の審査が厳しくなっているのです。ですが、しっかりとポイントを押さえておくと障害年金を受給する事ができます。まず障害年金の受給の絶対条件は初診日が何日であるかです。初診日が分かるものとしておくすり手帳や尿検査や血液検査の検査結果通知書、事業所で行った健康診断書の記録などがあります。また、薬の説明書などにも日付が書かれている事が多いので初診日の特定に繋がります。他にも診断書を書いてもらう前に自分が抱える症状を医師にしっかり伝える必要があります。その理由として審査基準として医師の診断書を重要視しているからです。最後に用意した書類に矛盾がないかも確認しておきましょう。書類同士で矛盾が生じると審査に掛かる時間が長くなってしまうからです。自分で確認すると矛盾に気づけない可能性があるので、他の人に確認してもらって矛盾がないか確認してもらいましょう。

Copyright© 2019 治療に専念するなら【うつ障害年金を受給して休職中の不安を解消】 All Rights Reserved.