育児中に起こるうつ

女性

女性は子供を産んだり育てる役割があります。それに加えて家の家事も行わなければいけません。最近は家事や育児をパートナーと一緒に行う夫婦が増えたので母親だけがその全てを必要がなくなりました。ですが、女性の中には育児や家事を両方行い、息抜きができず精神をすり減らしてしまう人はたくさんいます。精神をすり減らしすぎてしまうとうつ病へと変化してしまうのでパートナーである旦那さんも奥さんの状況に気を配る必要があります。うつ病になる原因としては子供を産んだけど、可愛いと思えずその事で罪悪感を感じうつ病になってしまったというケースや家事と育児の両方を妻一人だけで行っていて誰にも相談できず次第にうつ病になってしまったというケースがあります。出産を終えた女性は不安定であり、その不安定の中でストレスを受けてしまうとうつ病へと発展してしまいます。出産後の母親がストレスを感じる要因として子供を産む経緯や母親になる事への不安、旦那さんとその家族との付き合い、夫と妻両方の給料で生活をしていけるのかなどがプレッシャーがあります。育児をしていて疲れやプレッシャー、ストレスが重なると色んな症状を発症します。夜よく眠れなかったり、少しの事でもイライラしてしまう、物事をうまく考える事ができずパニックを起こしてしまうなどがあります。他にも子供や旦那にきつく当たってしまうなどの症状もあります。男性の中には、初めての育児でも女性は子供を育てる事が得意であると勘違いしている人がいます。ですが、多くの女性で子供を立派に育てる自信のある人なんていません。また、子育ては一人で行うものではなく二人で協力して行うものです。ご飯を食べて使った食器は洗ったり、洗濯物を畳むだけでも良いのです。仕事で忙しいからと言い訳をせず少しずつでも良いので妻をサポートする事が大切です。一方母親側は、自分の行おうとする育児や家事に対してあまり気負いすぎない事が大切です。また、夫婦間で育児か家事の仕方について意見の食い違いがある場合は、しっかりと話し合いお互いの齟齬をなくすようにしましょう。旦那さんの意見を一方的に聞き続けるとストレスを溜める原因になってしまいます。話し合いをする事も協力の第一歩です。また、最近は子育てを支援する事業も増えているので制度や事業を利用しながら、ストレスを溜め込みすぎず二人で協力し合える育児を行うようにしましょう。女性は男性よりもうつ病になる可能性が高いと言われています。ですが、男性がうつ病にかからないとは限りません。妻とは反対にもしも旦那さんが職場のストレスなどで、うつ病になってしまった場合、妻が専業主婦をしていると安定した収入が見込めません。その上子供が小さいと働きにいくにも色んな人の協力が必要になります。うつ病によって生活に支障が出てしまう場合は、うつ障害年金の申請しておくのがおすすめです。ですが、うつ障害年金の受給はすぐに行えない場合もあるので、早めに決断して受給の申請をしましょう。

Copyright© 2019 治療に専念するなら【うつ障害年金を受給して休職中の不安を解消】 All Rights Reserved.