育児中に起こるうつ

女性

子育ては女性だけに頼らず旦那さんも協力して二人で行うのが大切です。旦那さんが仕事のストレスでうつになってしまった場合はうつ障害年金を早めに申請しておくと収入の不安を減らせます。

詳しく見る

うつ病年金の申請準備

看護師

うつの症状で仕事を休みがちになってしまったり、休職したりする場合、うつ障害年金を受給すると生活に掛かる費用を年金で補う事ができます。ですが、うつ病での申請は昔よりも厳しくなっているので申請書類をしっかり集め矛盾がないようにしましょう。

詳しく見る

障害年金の疑問と注意点

医者

うつ障害年金を受給する場合、注意しておく事がであります。障害年金受給者が扶養家族に入っている場合、自分の年収に注意しておきましょう。180万円以上超えると扶養から外れる必要があります。

詳しく見る

うつ病の診断方法

聴診器

いつもよりも気持ちの切り替えができなかったり、仕事の日なのに朝ベッドから出る事ができないというような悩みが出てきた時は一度専門の医療機関を受診するのをおすすめします。このような行動や気持ちに関する悩みの原因は、うつ病である可能性があるからです。うつ病の診断は色んな視点から観察や検査をします。そして、それらの結果を見て総合的に判断してから、うつ病と確定させるのです。日本ではうつ病が発症してしまった要因や病歴、病気になる前の性格などを調べる方法と患者が困っている症状の話とを合わせて診断を下しています。まず患者の症状がどのうつ病の種類に当てはまるのか分類していくのが、診断の初期段階です。うつ病の分類は、単極性うつ病、双極性うつ病、抑うつ神経症、単極性うつ病、身体因性うつ病、内因性うつ病に分けられます。内因性うつ病は何故うつ病を発症してしまったのか分からない場合につけられる分類です。その他の単極うつ病はうつ病になってしまうきっかけがある場合につけられる事が多いです。ですが、きっかけはあくまできっかけなので、発症の原因として見なされない場合が多いです。他にも患者がどうやって成長していったか病歴はあるのか、親戚や親族に同じ病気を抱える人はいるのかも見ていきます。病気になる前の性格についてもうつ病の診断では細かく分類していきます。まず循環気質の人です。循環気質の人は、明るく人付き合いの良い側面と静かで落ち着いた暗い雰囲気状態を分かりやすく出す特徴があります。また、この気質の人はふくよかな人に多い性格です。この気質の人は双極性障害を発症しやすいです。
次に執着気質の人です。執着気質の人は、仕事にも真面目で熱心に取り組み責任感が強い人が多いです。また、几帳面で物事に熱中しやすく凝り性で何事も徹底的に行わないと気が済まないのが特徴です。完璧にしようとする意識が強すぎる為、与えられた事を自分には無理だとしても無理にこなそうとしてしまいます。その為心と体を崩してしまいうつ病になってしまうというケースが多いです。仕事を堅実に行い、秩序を守り他者にも気配りができる常識のある性格の人はメランコリー親和型人格に分類されます。一見常識的な人と思われやすいですが、柔軟に物事を運ぶのが苦手なのでアクシデントで決まっていた予定が崩れてしまうと、仕事量と質を天秤に掛けて決められず悩んでしまいやすいです。その悩む回数が多ければ多いほどうつ病を発症するリスクが高まります。このような気質の人もうつ病を発症しやすいです。うつ病の症状は心だけでなく体にも現れやすいです。大きく分類すると、ご飯が食べられなくなってしまう食不振や逆に食べ過ぎてしまう過食、十分な睡眠がとれなくなる睡眠障害、身体が重たく感じる倦怠感や頭痛がうつ病が発症する事で体に現れる異常です。心と体の両方が自分の思うようにいかず会社を休む事を余儀なくされる状況の場合、今後の生活に支障が出てしまいます。その場合は先の事を見据えてうつ障害年金を早めに申請しておくとうつ病で仕事を休んでも毎月一定額が支給されます。

Copyright© 2019 治療に専念するなら【うつ障害年金を受給して休職中の不安を解消】 All Rights Reserved.